イギリス一人旅④ バースとチェルトナム

1泊目は自転車で回り過ぎたがゆえ疲れて9時間寝ましたが、

2泊目はショートスリーパーの威力を発揮、4時に目覚めて暇しすぎました…

朝食付き(@学食)で、7:30から提供なので、ひま。

 

その日の行程を考えて、それでも暇だったので外を散歩しましたが、寒かったです。

 

バース中心市部で14度、丘の上はもっと寒いです。

普通に夏の格好+カーディガン+タイムで死んだ

お腹減って体温生成できないし…

スコットランドからいらした優しそうな老夫婦さんとお会いし、お喋りしてたら学食開場

 

 

ビュッフェ形式ですがここで初めてイングリッシュブレックファストを頂いた!!

 

f:id:yuri_mikawa:20180913014828j:image

 

焼きトマト、ソーセージ、ハム、などなど

ガイドブックと違ったのは、目玉焼きじゃなくて温泉卵だったところなんだけど、温泉市街だから?

 

空腹という名の最高のスパイス効果もあったのでしょうが、死ぬほど美味しくて幸せでした。

 

f:id:yuri_mikawa:20180913014831j:image

 

トースターがすごい!

レール式で、パンがゆっくり奥まで運ばれて、終わったら下に落ちてくる

 

 

さて食べ終えたら。

当初バスで下ることを考えましたが、日曜だからか9時以降のバスしかなかった。

お昼の移動の予定も考えると、観光の時間がもったいなさすぎる

 

仕方ないので、歩いて下りることにしました。後にこれが大正解だと知る

 

f:id:yuri_mikawa:20180913015456j:image

大学の実験棟の隣の道を歩きました

朝日が綺麗


f:id:yuri_mikawa:20180913015502j:image

カモがいっぱいいた!人慣れしてる

近づいても怒んなくて、かわいくてまじまじと見てたら


f:id:yuri_mikawa:20180913015438j:image

急にばさばさーっと羽の音を立てて、みんな一斉に隣の池に移り、水浴びを始めました

自分に当たらんでよかった

f:id:yuri_mikawa:20180913015418j:image

かわいい。

 

 

バース大学は緑豊かな大学でした

癒しを得たら坂を下りていく


f:id:yuri_mikawa:20180913015432j:image

日本の道路と違ってあんまり整備されてなくてガタガタだったり、レンガ畳の道が多くて、キャリーケースには負担だったかも。

 

でももう鍵壊れたし、私を散々苦しめたし、お前は今回限りの命や

遠慮なく下りました


f:id:yuri_mikawa:20180913015412j:imagef:id:yuri_mikawa:20180913015459j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913015443j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913015445j:image

朝日もあってか、とても綺麗でした。

人もまばらで、ここの景色を独り占めできたような気分で、なんというかとにかく最高だった…


f:id:yuri_mikawa:20180913015435j:image

途中に川の道がありました


f:id:yuri_mikawa:20180913015453j:image

船かわいい…


f:id:yuri_mikawa:20180913015503j:image

食事を取ってる方も!!

昨晩のテレビでも見ましたが、イギリスだと船の中で生活してる人もいるそうな。

キッチンも見えました。


f:id:yuri_mikawa:20180913015506j:image

カラフル


f:id:yuri_mikawa:20180913015423j:image

下りてきて、クリケット場が見えた


f:id:yuri_mikawa:20180913015449j:image

 


f:id:yuri_mikawa:20180913015415j:image

また昨日と同じところに着いた


f:id:yuri_mikawa:20180913015440j:image

またフクロウ。


f:id:yuri_mikawa:20180913015421j:image

朝日を背後に


f:id:yuri_mikawa:20180913015426j:image

ショッピング街のアーケードがこれとは…おしゃれ


f:id:yuri_mikawa:20180913015429j:image

またフクロウ

 

 

さて、お目当ての世界遺産、9時から開いてる唯一の

ローマン・バース

 

f:id:yuri_mikawa:20180913020359j:image

イギリス唯一の温泉地として、ここを中心に栄えたそうな。

スパとかマッサージとか、今や日本の温泉にもよくあるようなサービスで、お偉い貴族をもてなしたんだとか。

 

今のバースにもそういったサービスをする温泉(→水着必須らしい)や宿泊施設があって、どちらも高いです。前者は40£とか


f:id:yuri_mikawa:20180913020416j:image

右の像が有名らしい。ガイドブックでは白だったんだけど………


f:id:yuri_mikawa:20180913020336j:image

温泉の湯が地下に流れていて、その一端が見えるところ


f:id:yuri_mikawa:20180913020343j:image

冷水だそうな

プールも、激アツのお湯のところも、サウナもあったらしい!


f:id:yuri_mikawa:20180913020418j:image

バース寺院

めちゃくちゃ綺麗…

 


f:id:yuri_mikawa:20180913020412j:image

中心の通りにて。


f:id:yuri_mikawa:20180913020349j:image

お店かわいい🧡ここでいっぱいお土産買ってしまった

いい街は写真も買い物も捗る


f:id:yuri_mikawa:20180913020425j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913020402j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913020407j:image

またフクロウ。お花屋さんの隣のカフェ
f:id:yuri_mikawa:20180913020405j:image

ポストカードも可愛すぎる。
f:id:yuri_mikawa:20180913020422j:image 

普通のフクロウ発見


f:id:yuri_mikawa:20180913020345j:image

アセンブリールームと言って、こちらも世界遺産です。入場無料

 


f:id:yuri_mikawa:20180913020410j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913020339j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913020356j:image

アップル!🍎

 

本当は観たい世界遺産もう1個あったけど、時間的に無理で断念

次イギリス来た時も必ず来ます。今度はスパ体験もしたい!いいホテルにも泊まりたい

 

 

 

お昼過ぎにまた国鉄で出発しました

(お昼発だと国鉄が安い)


f:id:yuri_mikawa:20180913020353j:image

 

次はチェルトナムへ。

コッツウォルズという緑豊かな大きな集落の一つの街(交通網の起点)であります

 

 

f:id:yuri_mikawa:20180913021901j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913022647j:image
f:id:yuri_mikawa:20180913022649j:image

 

正直、チェルトナムは微妙でした

汚い。

バースと比較すると、どうしてもダメ

あと、ロンドンの郊外よりもやばいというレベルに、治安悪かったです。

終始バイクの音するし、柄も悪いです。

 

写真では綺麗なところばっかり載せてるけど、ここの前を歩く人々は民度低い若者ばかりということに留意。。

 

泊まったホテルもまさに治安悪いところにあって、怖すぎて。

早い時間に晩御飯だけ買って帰ることに決めました。

 

 

それまでは観光…するところもないので、イギリス名物・アフタヌーンティーにトライ

 

f:id:yuri_mikawa:20180913021906j:image

かわいい!そしてめっちゃお腹溜まる、、肥えるのを確信したけど旅なのでどうでもいい。

7.5£、日本円で1,000円ちょいです。素敵なティータイムを過ごせて、なんとかメンタルを取り戻しました。

Huffkins Cheltenham というお店です。GoogleMapで星4.1なので名店だと思います
https://goo.gl/maps/vm7D4EijVfN2

 

 

ずっと夜の外食は避けてて、でもこの日はお目当てのカレー屋さんがあって

それ目的でこの街に来たみたいなところあったけれど、

万一命取られたらと思うと…流石に断念しました。

 

仕方ないので一人晩餐会しましたw


f:id:yuri_mikawa:20180913021836j:image

 

イギリスのパン美味しいのでもうなんでもいい!(夜炭水化物は太るとか、今晩は置いといて!)

 

ブログネタをいくつか更新して、この日は寝ました

せっかくイギリス旅行楽しかったのに、最後の観光地がこれでは、萎え萎えの萎え…というお気持ちでした